Home » 脱毛美容に役立つ情報 » 妊娠中にレーザー脱毛を避けた方がよい理由

妊娠中にレーザー脱毛を避けた方がよい理由

レーザー脱毛を行う場合は妊娠中は避けた方が良いのですが、そのような話を聞くと胎児に何か悪い影響を与えるのではないかと心配する人もいますが、その可能性は低いです。

どうしてそのような事が言えるのかというと、レーザー脱毛で用いているレーザーというのは体の内部の胎児にまでは届かなく、肌のごく浅い部分にしか影響は出ないのです。

また、レーザー脱毛の光は紫外線とは全く異なる性質の光を用いているので、皮膚ガンになるという事も無く、母体に対しても悪い影響を与えてしまうという可能性もほとんど無いと考えて良いです。

胎児や母体に直接悪い影響を与える可能性は低いのにどうして妊娠中は避けた方が良いのかというといくつか理由はあります。まず、ホルモンバランスが変わっているので、その影響で処理をした際にトラブルが生じてしまう可能性がゼロでは無いからです。

また、処理をする際の痛みなどがストレスを与える事によって、陣痛を引き起こしたり直接害を与えなくても間接的に胎児に悪影響を与えてしまう事も考えられるのです。必ず何か問題があるという訳では無くても何か問題が起きてからでは遅いので、無用なトラブルを避けるためにも避けるのが一般的なのです。